林業班 初現場が終わりました!

こんにちわ。林業振興活動員のしゅーへいです。

2017年4月より林業を始めた初心者の2人。

先日、任して頂いておりました初現場が終了しました。

今回は、初現場でどれくらいの量の木材を搬出したか。そして林業初心者2人がどのように施業を行っていたかを書き綴っていきたいと思います。

1.今回搬出した木材の量は?

今回施業させていただいた現場の概要。
搬出した木材の量は以下の通りでした。

【概要】
・0.5ha
・40年生のスギ
・植林後、間伐は2回目
・重機は林内作業車のみ使用

【搬出した木材の量】

・パルプ材 ⇒搬出材積:29.71㎥

・用材 ⇒搬出材積:15.5㎥

DJMgWzqVwAAxeJw熟練者の方に現場を見ていただいた際には、伐倒1日、集材・搬出は2日あれば完了できるとの話も(そりゃ無理やろ!?と心の中で思いましたが。笑)

ただ、全くの初心者2人で作業を行ったので、かなり日数がかかりました。伐倒精度の向上、集材方法の改善、ユンボの投入などで、まだまだ時間は短縮できると思います。

また用材として搬出した木材については、造材の精度や方法を学ぶことが必要と感じました。

◆間伐前

5f13fcdb-s

◆間伐後

IMG_8076

2.施業の方法について

今回の現場は、最低限の設備で施業を行いました。

重機は林内作業車のみ使用。

伐倒後、林内作業車で引っ張り出すことのできない木材を土佐の森軽架線を使用して集材しました。

また搬出の際、トラックへの積み込みも林内作業車で行いました(普通はグラップル付きユンボなどで行います)

◆使用した林内作業車
IMG_7439
◆土佐の森軽架線セット

IMG_7436
◆土佐の森架線を使用し集材時している時の様子

IMG_7533

◆1日に集材した木材

DHwNRfBUwAEBnQS◆トラックに木材を積み込む様子

DJk5UR1XgAAdcfu

3.初現場を終えて

山主さんのチェックも終わり「ホッ」と一息ついています。

何度も何度もアズりながら伐倒した事もあり、山主さんから「うん。山よーなった」という言葉を頂いた時の事は忘れられそうにも有りません。

林業初心者の2人に、快く現場を提供していただいた山主さん。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!

今回のように軽装備での施業は人力作業、必要な手間も多く、自分達の技術レベルをもっと向上させていく必要があると改めて感じる現場でした。

次回の現場は、ユンボ等の重機を借り、作業道の開設から始める予定です。

それではまた!

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中